メディカルクラーク 難易度

メディカルクラークの難易度と合格率

現在メディカルクラークについての資格は民間の資格試験となっています

 

医療事務とひとくくりにいっても様々なものがあり、高度な知識が必要とされるものもあります。メディカルクラークは始めて医療機関に事務として勤める方の試験資格といっていいと思います。受験の際は医科と歯科がありますので、どちらかを選択して受験します。

 

難易度については

試験に資料持ち込みが許可されているので比較的取得し易い試験と言えるでしょう。

 

ただし、医療業務等の専門用語やレセプトについては、持ち込みがあったとしても始めて勉強する者によっては難しく、普段から演習をして慣れておく必要があるでしょう。

 

特にレセプトは医科と歯科では違いがありますので、特徴をよく理解して受験しましょう。以前は受験資格に制限がありましたが、現在は不問ということもあり受験しやすくなった影響もあってか、特に女性に人気のある資格の一つ

 

メディカルクラークの合格率

メディカルクラークの合格率

ここ数年は年間で約5万人が受験する、医療事務では最大の資格試験が「メディカルクラーク」です。同じ様な資格で診療報酬請求能力認定試験がありますが、こちらは合格率が平均で30〜40%代ですが、メディカルクラークは50〜60%です

 

決して高い合格率とは言えませんが、受験資格が2011年から不問と変わったことと、毎月受験が可能ということもあり、受験し易いので取得はし易いかと思います。

 

医療系の事務資格は民間の資格試験ですが

その種類も多岐に渡り専門を要するものについては取得が難しい資格もあります。ですがメディカルクラークはその中でも初級者向けの資格ですから、まずれから勉強をして実績を積み、その後にスキルアップしていく事で収入アップにもつながりそうです

 

初級者の試験といえどもなかなか難しい点もありますから、レセプトを中心に試験対策をして一度で合格できるようがんばってみて下さい(^o^)/

 

 

>>メディカルクラーク 資格の費用 TOP