メディカルクラーク 独学

メディカルクラークの資格を独学で取得すること

メディカルクラークは前提となる資格等は特にありません。したがって誰でも受験は可能です。ただし合格を本気で目指す場合には、有利不利は存在はします。すなわち、仕事ですでにメディカルクラークを行っている場合には、メディカルクラークにおける言葉など独特な用語はすぐに理解が出来るでしょうし、逆に全く知識等がない場合には、学ぶのに言葉の意味が分かりにくいため苦労する可能性が高くなります。

可能であれば独学での合格を目指すよりは通信にしろ通学にしろ誰かからノウハウを教えてもらって、その上で受験を目指すのがよいでしょう

独学の場合は言葉や制度を理解するのに相応の努力を必要とする資格ですので、それだけ時間もかかります。

 

そもそもメディカルクラークで何が出来るのか

この資格は本来存在していないものでした。しかしながら、医療機関等においてレセプトの作成を行う際に、全くの素人が作成するよりはある程度の知識がある人にやってもらいたいというニーズが高まり、この資格が出来たという経緯があります。したがってこの事務を行う上で、そもそも昔からこの仕事をしている人の中には、有していない人も多く、これを持っているからと言っても何らかの優遇があるとは限りません。

 

むしろこれまでの実務経験の有無をこそ強く問われることになるでしょう。それまでに医療機関等において実務経験を積んでいる人の方が、実際の現場において役に立つことが知られているからです

 

国保連や支払基金への正式な請求が出来るようになること

国民健康保険団体連合会いわゆる国保連や、社会保険診療報酬支払基金いわゆる支払基金において、彼らに請求をする際に用いられる請求書がレセプトです。これを正しく作成するための知識の目安として、この資格が存在しているわけです。

 

ただ医療の世界は日進月歩であり、さらにはこの請求に関する基準となる診療報酬点数も2年に一度は改正がなされます。したがって、改正が多い以上はその都度学ばなければ、正しい請求が出来ないことになります。このメディカルクラークを取得したからといっても、持っていない人、他者よりは詳しいという程度であり、取得後の実務経験の方がより重視される傾向にあることは、肝に銘じておく必要があります

 

 

>>メディカルクラーク 資格の費用 TOP