メディカルクラーク 2級

メディカルクラーク(医療事務)の等級と受講

メディカルクラーク(医療事務)とは

 

受付窓口業務やカルテ管理、健康保険点数の算出をしたり、またレセプトと呼ばれる医療保険の診療報酬明細書の作成等様々な仕事の事を言います。

 

平成23年まで1級・2級とありましたが、今は等級のないメディカルクラーク(医療事務)のみとなっています。変わらない事は医科・歯科の二つがある事で、文字通りどちらかの講座をまず選ぶ必要があるため

 

受付窓口業務、カルテ管理、健康保険点数算出、診察報酬明細書(レセプト)作業によって、又は医科・歯科のどちらがより自分に合っているかを考え、どちらでも仕事の時間帯等が変わってくるので、よく考える必要はありますが、資格では医科・歯科を選ぶ事により今まで区分けしたきた仕事に対応出来ます。

 

試験に向けての受講のポイント

【医療事務技能審査試験】の試験に向けての学科、筆記、実技の試験に向けた講座を受講する事が今の講座の受講です。各都道府県の各場所で試験があるため、受講も当然各都道府県にあるので安心です。

 

講座内容も受講講座によって様々ですが、主に先程挙げた受付窓口業務、カルテ管理、健康保険点数算出、レセプト作成の4つに関連した事を学ぶ事と言えると思います。学科・筆記・実技テストのメインになるのはまず筆記での学びであります。

 

そのため勉強した内容は必ず筆記して覚え、控えておかなくてはなりません。学科も筆記上でのテストになる事、実技においてもカルテを見ての筆記でのテストなので、筆記の必要性は大きいのです。暗記等では到底無理な領域です。そして毎年点数改正があるため、ひとつひとつ変わっていく点も大切です。

 

メディカルクラーク(医療事務)の合格率の割合

もちろん1つづつ受講するのですが、内容の難しさ等は受講した時には必ず出てきますから、必ず控えてケアしてもらうにあたってまとめておいた方がいいと思われます。短期受講の際には余計に言える事だと思います。受講の期間も様々なのですが、試験自体は年12回と、毎月各都道府県で月に一度程度あります。受講をし、筆記・学科・実技の三つがあり、学科に関しては実技でもし一度ダメでも2回目まで期間は決まっていますが有効です。

 

合格の割合

 

つまり合格率は各都道府県によりますが、受講者の7割位ではないかと思います。全国の平均からなので、確実にそうと断定できる訳ではありません。試験の合格率も年々変わっていくのは当然の事なので、一概に言える事ではないです。

 

それはどの学校等にも言える事だと同じです。また受講の他、テキスト代や試験の費用など様々を考慮して受講し、試験を受ける事が大切です。

 

メディカルクラーク(医療事務)に1級など

以前メディカルクラーク(医療事務)には、2級、1級と等級がありました。過去形になっていますが、平成23年までは確かに等級に区分けがあったのです。平成23年には等級制度がなくなり、メディカルクラーク(医療事務)のみの名称になっています。当時平成23年までの1級制度はとても難易度というか、取得するに似は様々な難関がありました。

 

まず1級を取るには2級を取得してから1年6ヶ月の実務経験をしてからの試験、又は2級がない場合3年の実務経験の後の試験による取得等がありました。今はメディカルクラークのみの取得なので等級制度はあ無いのです。

 

1級の講座の内容とはどれだけの取り方かと割合

まず直接2級を取得せず1級を取得する3年の実務経験とは、よほどの難易度です。求めているまず求人に最低2級程度の資格の必要性が求められるからです。2級講座の経験が無いと求めている割合が愕然と少ない資格だったのです。

 

まず2級講座の受講を飛ばしての1級の講座とは厳しく、そして資格なくしての1級とは求めている求人が少なかったのです。そして2級のメディカルクラーク(医療事務)の資格を取得してから、1年6ヶ月の実務経験の後の1級講座の取得のための講座とは、ほぼ実技の試験と言っても間違いないです。

 

またメディカルクラーク2級の資格で実務経験が1年6ヶ月の実務経験があれば、1級を取得する割合も少なかったのです。平成23年以降等級制度が無くなったので、メディカルクラーク(医療事務)の取得方法も変わったのです。そういった意味で1級取得の割合は以前は少なかったと言えると思います。

 

等級の統合後の求人の割合との比較と需要

メディカルクラーク(医療事務)の等級が1級と2級に分かれていた時、2級の試験での取得の割合も6割と少なかった事を考えると、当時の1級の割合の低さはおのずと分かると思います。2級の資格取得の割合が6割だった当時の1級の求人は今とは違い講座も複雑で求人も少なかったのです。

 

今は等級制度が無くなりましたが、当時の1級取得者は貴重な存在だと思います。そして、等級制度が無くなった今の受講は求人の割合が当時より増えた事が言えると思います。なので、等級制度が無くなった今の求人の需要は大きく変わったと言えると思います。

 

そして平成23年までに取得した1級取得者の貴重な人材も今に生きていると思われます。

 

 

>>メディカルクラーク 資格の費用 TOP