メディカルクラーク 仕事内容

メディカルクラークの仕事内容や就職について

メディカルクラークの資格を取得すると、どのような仕事内容ができるようになるのでしょうか。また就職の時の優位性、需要などはどうでしょうか。

 

メディカルクラークの仕事内容

 

メディカルクラークは、分かり易く言えば医療事務のことを指します。ただ医療事務と一言にいっても様々な仕事の内容、病院の規模などによって違いがあります。まずおおまかにですが仕事の内容はレセプト業務、患者接遇(窓口業務)、その他といった業務になると思います。

 

レセプト業務は、月末で締めて翌月10日迄に診査支払期間へ提出する流れとなります。日々のデータ入力、レセプト作成してカルテ照合、修正、最終的に医師に確認して保険機関ごとに提出といった感じでしょうか。

 

患者接遇(窓口業務)は日々の病院、診療所での窓口業務です。流れとしては保険所確認、カルテ作成、患者情報入力して、診察券発券して、案内、受診後の清算と会計(入院がある場合はそれらの対応)です。また日々の大半の窓口としての業務も大きい役割の一つです。

 

そしてその他として、一般事務と同様の電話取り次ぎ・清掃・備品管理などがあります。仕事内容としては大きくわけると、事務的作業と医療機関の顔とも言える窓口作業があると考えていただければいいと思います。

 

ただし、各医療機関・規模等のより業務内容が変わってきます。大きな病院であれば各差業務が細分化され、専門性を求められる部署もあります。一方診療所の場合ですと幅広く様々な業務を兼任することが多いようです。

 

メディカルクラークの需要

 

医療事務の需要はやはり多いと考えられます。
なぜなら、各医療機関、診療所には必ず診療報酬を請求する為の事務職が必要だからです。

 

レセプト作成は専門を必要とされますので、しっかり知識をもって正確に作業をできる方の必要性があります。最近では高齢化に向けて日常的に患者さんと接する機会の多い規模の小さな診療所・クリニックなどが多くできていたりするので、今後もますます重要となるでしょう。

 

 

 

>>メディカルクラーク 資格の費用 TOP