メディカルクラーク 通信講座

メディカルクラークを取得するなら通学?それとも通信講座?

メディカルクラークの資格取得にあたり、スクール通学と通信講座ではどちらがよいでしょうか。比較しながら見ていきましょう。

 

スクール通学講座で資格取得の場合

 

スクールの通学のメリットは、なんといっても資格取得を目的としたものですのでカリキュラムに沿って効率良く学習出来ることです。また医療用語等の専門的なことも多いので、テキストだけでは分かり難い事でも直接疑問点などを講師へ質問したり、授業などで理解しやすいことも最大の魅力です。

 

同じ資格を取る目的を持った受講者がいると、自然に学習意欲も湧いて資格試験まで緊張感をもって集中できるといった事も大きなメリットでしょう。

 

デメリットとしては、決められた日程があるので通えない日があれば振替がきくのかどうかを確認しておく必要性があります。また費用についても通信と比較して高いです。講座によっては教育訓練給付制度(雇用保険加入3年以上または3年以上加入者が退職1年以内に使用などの条件あり)が可能な場合や、独自の給付制度があることもありますので、一度確認することをお勧めします。

 

通信講座で資格取得の場合

 

通信講座のメリットは通学に比べて費用が安く、また通学講座に通う時間が無いという点です。自宅でテキストを見ながら単元ごとに添削を送り、質問をしながら進むことができるので、自分のペースでしっかりと学ぶことができます。こちらの方も通学と同様、教育給付制度や独自給付が対象の場合がありますので確認すると良いでしょう。

 

デメリットですが、自分で学習の計画を決めて進める必要があるので、途中で内容等が難しく進行が遅くなったり、都合によって一時的に中断する場合などのフォローがあるかどうかを考慮して最後まで続けて理解できるかが焦点となるでしょう。試験の合否は自分次第という面が大きいので、本当に資格を取るんだ!という強い意志が必要となります。

 

専門学校・短大・大学での取得カリキュラム

 

専門学校などでは、幾つかの医療資格を2年または3年にかけて学習するものがあります。また医療福祉系の短期大学や4年制大学のカリキュラムのひとつで資格取得ができるものもあります。

 

学習についてはより専門性の高い知識が習得できるメリットはありますが、資格以外の事もあるので時間や費用的に考えると、メディカルクラークを取るために通う、という手段ではないと思われます。

 

 

 

>>メディカルクラーク 資格の費用 TOP